事業案内

玉柏会の理念

地域社会の中で、「ともに生きる」ことによる 「しあわせ」を目指していきます。

共生

 

「社会福祉法人 玉柏会」は鈴与株式会社 第7代鈴木與平が、地域貢献への強い思いから 「手をつなぐ親の会」や、地域の方々の知的障害者施設開設へのご要望にお応えするために 昭和50年に、清水市で初となる知的障害者入所施設をスタート致しました。

法人の理念である「共生」は障害の有無にかかわらず、誰もが相互に理解し合い、支え合い また人格と個性を尊重し合い、よりよく生きていこうという考えです。 その理念のもと、私達は「障害を持つ方々の自立と幸せ」を目指しています。

ごあいさつ

玉柏会 海野理事長
私達は、地域社会の中で「ともに生きる」ことによる「しあわせ」を目指して玉柏会発足以来40年余りの時を歩んできました。 当初の手探り・手作りの状態を経て、障害に関する科学的知見の普及や特性を発見する支援スキルの練磨が進んで来ました。そしてこの間も玉柏会の理念の下、自立を目指すご利用者の意欲と支援職員の熱意は発足当初といささかも変わることはありませんでした。自立の為の地道な変化に努力するご利用者とその変化を自らの喜びとする役職員は玉柏会の宝であり、誇りに思います。 平成28年の社会福祉法大改正に象徴されるが如く、社会福祉法人をめぐる環境は大きく変化しています。又ご利用者の高齢化に伴い医療・介護の分野との接点も急激に増えて来ています。私達は、内外の大きな変化に柔軟に対応して行くと共に、原点であるご利用者の「意思決定支援」と「意思表出支援」に全力を傾注していきます。これらを通して障害者に対する偏見と誤解を解きほぐしていく活動も続けていきます。皆様には今後共、玉柏会の活動パートナーとしてより一層のご支援とご指導をよろしくお願い申しあげます。
社会福祉法人 玉柏会
理事長
海野和雄

玉柏会の歩み

昭和41年 2月
清水市精神薄弱施設設立準備委員会発足 会長に第7代鈴木與平が就任
9月
施設設立のための市民、企業への募金活動開始
昭和42年 12月
宍原に用地(14,770㎡)を確保し、清水市へ寄付
昭和43年 7月
精神薄弱児の通園施設である「宍原学園」完成
昭和44年 9月
社会福祉法人設立発起人会開催
昭和49年 12月
社会福祉法人「玉柏会」発足 初代理事長に第7代鈴木與平が就任
昭和50年 12月
「宍原荘」事業開始
平成元年 4月
心身障害者生活寮「かしわ寮」開設(平成23年にグループホームへ移行)
平成20年 4月
就労継続支援B型事業所「みすず」開所(旧港橋授産所)
5月
相談支援事業所「すずらん」開設
平成27年 1月
グループホーム「第ニかしわ寮」開設 (旧「かしわ寮」を「第一かしわ寮」へ名称変更)
平成28年 4月
就労継続支援B型事業所「かりん」開所

法人概要

正式名称 社会福祉法人 玉柏会
所在地 〒424-0942 静岡市清水区入船町11番1号
理事評議員
名誉理事長 鈴木與平
理事長 海野和雄
常務理事 濱崎宣雄
理事 鍋倉伸子
理事 池上直美
理事 西尾忠久
理事 池田勇司
監事 長嶌吉宏
監事 木口直充
評議員 小長谷修誠
評議員 望月薫
評議員 仲澤信峰
評議員 多田光久
評議員 深澤利幸
評議員 杉村勝巳
評議員 青木敏郎
評議員選定・解任委員 大石由里子
評議員選定・解任委員 福代毅
評議員選定・解任委員 海野洋司
評議員選定・解任委員 長嶌吉宏
評議員選定・解任委員 小長谷英春
設立 社会福祉法人 玉柏会
主要施設
障害者支援施設「宍原荘」 〒424-0301 静岡市清水区宍原362 TEL: 054-394-0311
就労継続支援B型事業「みすず」 〒424-0948 静岡市清水区梅田町2-8 TEL: 054-353-3999
共同生活援助「第一かしわ寮」 〒424-0301 静岡市清水区宍原362
共同生活援助「第ニかしわ寮」 〒424-0301 静岡市清水区宍原362
地域交流ホーム「稲瀬川」 〒424-0301 静岡市清水区宍原362
相談支援事業所「すずらん」 〒424-0204 静岡市清水区興津中町229-5 TEL: 054-369-5688
職員数 【法人】 男性 38名、女性 33名 【正規】 男性 20名、女性 18名 【非正規】男性 10名、女性 23名

職員行動基準

玉柏会 職員としての姿勢(7項目)
  • 1.私たちは、「共生」の理念を尊重し、「ご利用者の自立としあわせ」を目指します。
  • 2.私たちは、社会人として、また玉柏会の職員として、適切な身だしなみと、言葉遣いを心がけます。
  • 3.私たちは、職場のルールを遵守します。
  • 4.私たちは、報告・連絡・相談と、その後の確認を欠かしません。
  • 5.私たちは、5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)を心がけ、施設の環境整備に努めます。
  • 6.私たちは、常に向上心を持ち、支援の専門性を高めていきます。
  • 7.私たちは、常に自己の健康管理を心がけます。
ご利用者への接し方(9項目)
  • 1.私たちは、ご利用者に対しては、「○○さん」と敬称をつけることを基本とし、呼び捨てや「ちゃん」づけ、またはあだ名で呼びません。
  • 2.私たちは、ご利用者に対して、必要以上に大きな声や、命令的な口調で対応したり、威圧的な態度・行動はとりません。
  • 3.私たちは、ご利用者一人一人の声をよく聴き、その個性、特性を理解し、また意思を尊重し、適切に、誠意を持って対応します。
  • 4.私たちは、ご利用者の生活歴や生活習慣を良く把握し、それらを尊重します。
  • 5.私たちは、意思や欲求の表現が困難なご利用者に対しては、コミュニケーションに特別な配慮を行い、その本心や希望を汲み取るように努めます。
  • 6.私たちは、ご利用者の、人としての誇りを損なったり、負担や精神的苦痛を与えるような言動をしません。
  • 7.私たちは、それぞれのご利用者に対して、支援内容の検討と情報共有を行い、職員間で統一した支援を行います。
  • 8.私たちは、ご利用者一人一人の個人情報を守り、プライバシーを尊重します。
  • 9.私たちは、ご利用者が快適で健康な生活を送ることができるよう常に清潔さを保つことを心がけ、体調管理や配薬に気を配り、事故防止に努めます。